« 今日は天皇陛下の誕生日か!…ありがとう!古墳!! | トップページ | »

2010年12月25日 (土)

まりこふんの古墳巡りの楽しみ方

まりこふん、クリスマスイヴが誕生日なのです。

ところがどっこい、原因不明の頭痛にめまい。。

なんでしょうか、、

ぐったりしながら5時に夢中や録りためていた数々の超常現象映像を見て過ごしておりましたよ。

そんな中、誕生日おめでとメールやプレゼントをたくさんいただき、本当にありがとうございました!!

メールの中にはこんなものも…!!

Photo_2

超嬉しいです!!

そして、こんな本のプレゼントまで…!!

Photo

さっそくまたまた奈良に行きたくなってしまいましたよ~!!

茶臼山古墳、見瀬丸山古墳、牽牛子塚古墳、藤ノ木古墳に行きたい…!!

さてさて、もう年末!

2010年ももうすぐ終わります!

来年、2011年はどんどん皆様に古墳巡りをして欲しい、そして自分もしていきたい!…ってわけで、

今日は古墳巡りの楽しみ方をまりこふん目線で紹介します!

<古墳巡りは電車でGO!>

まずその古墳がある駅からの古墳への道のりを楽しむことが大事です。

車で行ってしまうと、例えば古墳群だった場合、古墳と古墳の距離感を感じること、古墳の向きの比較などを感じにくくなってしまいます。

途中のおもしろい物にも気がつかなかったりもします。(ココはまりこふん、特に大事!!)

そして、道に迷い、心迷い、苦労してやっとたどり着いた古墳の名前は決して忘れず心に深く刻まれます。

古墳を発見した時の感動もひとしおでございます!

地図を見ながら、いろんな看板などを発見したり、美味しそうなご当地グルメを発見して食べ歩きしたりしながら、たどり着くのはとても楽しいのでお勧めです。

本当に徒歩ではとても行けない場所も、バスやレンタサイクルなどを活用すると楽しめます。

(!写真のポイント!)途中で見つけた「なんでここにコレが?!」という面白い物はすぐに写真におさめましょう!またご当地グルメも忘れずに撮りましょう!

例)

1

(さきたま古墳、ゼリーフライ)

<古墳の形を楽しもう!>

古墳にはいろんな形があります。

有名な「前方後円墳」から「円墳」、「方墳」、「前方後方墳」、「上円下方墳」…などなど。

本当は上から見たいところですが、それは無理なので、周りを歩きます。

これをどうやって作ったのか、どんな想いで作ったのか…を想像しながら古墳の周りを歩き、形を自らの足で確認すると良いでしょう。

また、古墳の近くには大体その古墳の説明が書いてある看板があります。

ソレを読んで、歴史的背景や埋葬品について考えながら周るのもとても楽しいでしょう。

(!写真のポイント!)前方後円墳の場合、前方部からの写真、後円部からの写真、横からの全体像を撮ると良いでしょう。くびれの部分を撮るのも良いです!

例)

4

(さきたま古墳、二子山古墳)

<古墳に登ろうぜっ!>

有名な古墳だと、大体、宮内庁が管理している為登れませんが、宮内庁管轄外の古墳はわりと登れるケースが多いです。

もし古墳に登れるようであれば、登ってみましょう!

しかし、当たり前ですが、古墳は「お墓」です。

ソレを忘れてはいけません。

まりこふんは登る前には必ず手を合わせ、「登らせていただきます」と心でつぶやき、お祈りし、登ります。

登って、高低差を自分の足で感じ、頂上に着いたら、遠くの山々などの景色を眺めて見ましょう。

山々は古代とはさほど変わってはいない景色でしょう。

この景色を古墳作っていた時代にも見ていたのかぁ…

なんて気持ちに浸るのも良いでしょう。

(!写真のポイント!)前方後円墳の場合、前方部の上からの後円部、後円部の上からの前方部、そして埋葬されていた場所からの景色などを撮りましょう。

例)

4_2

(さきたま古墳、稲荷山古墳)

<石室に入ろう!>

場所によると、なんと石室に入れる古墳もあります。

しかし、絶対に石を動かしたり、落書きをしたり、なんてことはしてはいけません!

絶対に罰が当たります!

「古墳はお墓」

ここでもコレを絶対に忘れてはいけません!!

「失礼致します…」

と一言言って、手を合わせてから中に入りましょう。

石室にもいろんな石室があります。

高さや広さ、また石棺がある場合はどんな石棺なのかを良く観察すると良いでしょう。

(!写真のポイント!)石室の入り口から埋葬されていた場所、埋葬されていた場所から石室の入り口、天井などを撮ると良いでしょう。人と一緒に撮ると石室の大きさがわかりやすいです。

例)

Photo_5

(奈良、石舞台古墳)

<博物館に行こう!!>

古墳の近くにはその古墳から出土した物を置いてある博物館などがある場合が多いです。

もしあるようでしたら必ず行って、その土地と古墳の歴史を学ぶと、一層古墳への親しみが湧くはずです。

(!写真のポイント!)博物館の外観もそれぞれ特徴があって個性的でおもしろいです。博物館内も、受付で「写真撮っても良いですか?」と聞いてみるとOKの場所もあります。しかし、NGのところは絶対撮ってはいけません!!マナーはしっかり守りましょう!!

例)

Photo_3

(千葉芝山古墳、はにわ博物館)

<古墳グッズを手に入れよう!>

博物館にはグッズ販売コーナーが大体あります。

そこでグッズを買うのもまりこふんの楽しみであります。

そこにしか売っていない古墳グッズを手に入れると良いでしょう。

例えば、その古墳のペーパークラフト、そこの名前のキーホルダー、そこの遺跡や古墳のカタログ本などなど。

はにわのミニチュアや、勾玉キットはわりとどこでも手に入ります。

ポイントとしては「その土地、その古墳ならでは」のグッズを手にいれましょう。

しかし、気をつけなくてはいけません。

たまに、グッズ販売コーナーには置いていない物なんかもあります。

社会科見学でくる子供達用のペーパークラフトなんかは、受付で聞いてみるともらえる場合もあるのです。

(!写真のポイント!)家に帰ってから、お土産を写真におさめることもお忘れなく!大切な旅の思い出になります。ペーパークラフトなんかは作ってから写真に残しておくのも良いでしょう!

例)

Photo_4

(さきたま古墳、稲荷山古墳ペーパークラフト)

古墳の楽しみ方は人ぞれぞれ。

あくまでコレはまりこふんの古墳巡りの楽しみ方です!

しかし、最後にもう一度言います。

「古墳はお墓」

コレを決して忘れてはいけません。

マナーを守って古墳巡りを楽しみましょう!!

« 今日は天皇陛下の誕生日か!…ありがとう!古墳!! | トップページ | »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1433361/38214808

この記事へのトラックバック一覧です: まりこふんの古墳巡りの楽しみ方:

» 奈良 お土産 奈良学園 [持っていて喜ばれるお土産情報]
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベルの格安旅行情報はこちら 手軽に買えておいしい奈良土産を教えて下さい!主人が昨日から1泊で奈良の旅行に行... 手軽に買えておいしい奈良土産を教えて下さい!主人が昨日から1泊で奈良の旅行に行っています。 お土産に何が良いか聞かれているのですが、奈良のお土産には何が良いかわかりません。高校生の子供達と私が嬉しくなるようなお土産教えて下さい。できればあんこが入っていないものが好みです。仲間との旅行なので、比較的奈良公園などの土産物売り場などで手に入りやすいものが有... [続きを読む]

« 今日は天皇陛下の誕生日か!…ありがとう!古墳!! | トップページ | »