« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月19日 (土)

まりこふんの古墳アドベンチャー~那須 編~(番外編)

今日の風は凄かった。。

おじいちゃんおばあちゃん、お怪我はありませんでしたか??

道を歩いていて、鉄のかたまりみたいのが飛んでったりしてましたから、当たったら大惨事ですよ。

さて、わたくし先日、読売新聞の取材を受けて参りました。

来月3月頭くらいに読売新聞朝刊くらし面に掲載されるそうです。

取材なんて初めてだったので、正直ちゃんと話すことが出来るのか、と心配していたのですが、記者の方が本当に聞き上手で、いやぁ~まさにプロだなぁ!と感心してしまいました。

…そんなわけで、まりこふんの生い立ちから古墳の魅力とブルース、そして何故か人間とは、なんて話まで…sweat01

気持ち良く調子に乗って話してしまいました。。

こんなに古墳の話が思う存分話せる機会なんてなかなかないので、超絶に幸せでしたよ~!!

自分の好きなことを思う存分聞いてもらえるって、あるようでなかなかないんですよね。。

だから、自分だけすみません。。

そんな懺悔の夜にブログ更新のまりこふんです、こんばんは。

さて!

那須の古墳アドベンチャー!いよいよ後編!…の前に今回は番外編としまして、かの有名な殺生石へレッツゴーの話なわけなのです!

…かの有名な~とか言っちゃってるけど、実は全然知らなかったのです。

ままこふんがアドベン2日目に「温泉神社に行きたい!」と急に言い出したのですよ。

あたくし、全く神社に興味がないわけなのですが、

その先のままこふんの言葉…

「殺生石ってところがあってね、千体のお地蔵さんが同じ方向むいて拝んでるの。その光景がまるで地獄の入り口のようでね…」

!!!!!!!?地獄の入り口?!ど~ゆ~ことだ?!

…行く!!行こう!!

とまぁ、こんなわけです!

なので今回はままこふんと二人でアドベンチャー!(はっくんも置いてきぼりだよ!)

明日から2連休だってのに、旅行にも行けない余裕のないあなたに熱~くお届け!!

Photo

少し山道を登りわりとあっけなく到着!

ままこふん「この先に「生きる」って木があるんだよ!まさに「生きる」って感じの木なんだよ!」

…ままこふん、良く行ってるんだね、ココに。。

それがこれ!

Photo_2

写真じゃなかなか伝わらないかもしれないけど、すんごいパワーを感じたよ!

推定樹齢800年っていうから鎌倉時代くらいからここに立ってるのかぁ。。すんごいなぁ~

そして雪道を少し行くと温泉神社!

Photo_3

ここでお参りして百円の自動販売おみくじで買ったおみくじが…

Photo_4

やっほ~!!

…でも気になる。。

「自分勝手なことをしたり色や酒におぼれることはいけません。」

…それは、くじ運関係なしに、いつだってそうなのでは。。

で、思った!!

「思いっきり自分勝手なことをして色や酒におぼれるととてもいいことがありますよ。」

…って書いてあるおみくじがあったらそれは本当に大吉だと思うぞ!!!!!

そんな温泉神社の近くにこんな松の木も。

Photo_5

「とちぎ名木百選:那須のごようまつ」

と書かれておりましたが、いやぁ、見事な松ですな!!

さあて、いよいよ殺生石!!

どうやらまりこふん、小さい時に一度ここに来ていたとか。。

全く記憶にないのです。

そんな殺生石への道!!

1

…ままこふん、雪道をどんどん先に行きます。。は、早いって。。

Photo_6

お!もうすぐか?!

2

…と思って右下を見たら…!!!!!

3

どどどどわぁ~!!なんだぁ?!ここ!!!

うっわ~!!めっちゃ地蔵がいる…!!ひえ~!!!!!

4

や、やばくないか?!

ビビるまりこふんをよそに、ままこふんすんごい楽しそう!

で、来ました!

レクリエーションの森!

Photo_7

これです!殺生石!!

5

おお!出た!この看板!!

Photo_8

「硫化水素ガスが発生していますので、非常に危険ですから、柵の中には絶対に入らないで下さい。」

と書いております。。

どういうことかと周りを見渡すとこんな看板が!

6

…すんごく簡単に説明しちゃうと、

美しい女性に化けて悪事ばかり働いていた狐が中国の方から日本に逃げて来て、またここら辺で悪事を働いていたので退治したんだけど、今度は毒石になって毒気を放って害を及ぼした。ソレが「殺生石」なんだって!

でも、和尚さんが恨みを封じたからようやく毒気も少なくなった…って。。

…おい!!

毒気も少なくなった…って!!

て、ことは少しはまだ毒気があるって事じゃん!!

それで「立ち入り禁止」なのか…!!!!!

やっばいなぁ。。怖いじゃん。大吉ひいたばかりなのにさぁ。。さっそくとりつかれたりしたらどうしてくれる…!!

…こんな危険な場所からは早く逃れなくては…!!

と、先に進むと…

賽の川原…

1_2

ひとつひとつはこんな感じです。。

2_2

ままこふん「子供の時に死ぬと、天国にも地獄にも行けなくて、賽の川原に行くんだよ。そこで石を10個積み上げたら願いが叶うっていって、お母さんに会いたい想いで一生懸命石を積むのだけど、もうすぐ10個ってなる度に鬼がやって来て蹴っ飛ばして壊すんだって。でも何回も何回もず~っと石を積み続けるんだよ。。」

…その話、覚えてる。。まりこふん小さい頃にもままこふんから聞いた気がする。。

子供心に怖くて、死なないように気をつけなくっちゃ!って思った。。

そんな石の方向を向いてこの千体の地蔵たちがいっせいに拝んでおります。。

1_3

寒いだろうとニット帽かぶらせてるんだね…

2_3

その近くにもこんなものが

1_4

教伝地獄?!

2_4

またしてもすご~っく簡単に説明すると、

教ばく(?)っていう不良少年のを心配した教ばくの母が教ばくをお寺に預けて、教ばくはその寺の住職にまで昇りつめたんだけど、悪事は全然直ってなくて、友達とここに遊びに行く朝も母の用意した朝ごはんを蹴っ飛ばして来たんだって。

そしたら賽の川原らへんで天変地異にあって死んじゃったって話。

ソレをこの地蔵建てて供養して、親不孝の戒めとしてるそうですよ。

親不孝はいけないね。

天変地異だよ!そりゃそうさ!

小さい頃ならまだしも、大人になって親にそんな事しちゃ、そりゃあ天変地異だよ!

でもこのお地蔵さん、なかなか親しみやすい顔してるなぁ。。

3_2

さて、どんどん進んで振り返るとこんな風景。

奥が殺生石

Photo_9

ずぅ~~~っと石が積んであるんですよ。。

そしてまた何かを発見!!

盲蛇石?!

1_5

あ、「めくらへびいし」って読むんだ。

2_5

またまたまたしても簡単に説明すると、

冬を越す為に薪をとりに山に来た五左ヱ門って湯守が目が見えないっぽいでっかい蛇を見つけて、これじゃ冬も越せないだろうと思って蛇小屋を作ってやったんだって。

翌年あの蛇どうしてるかなぁと探したら蛇はいなくて、かわりに湯の花があったそう。

めくらの蛇に対する暖かい気持ちが神に通じて湯の花の作り方を教えてくれたんだって。

で、村人たちにも作り方が広まって、この蛇の首に似てる石を盲蛇石と名づけて大切にしたんだって。

…持ちつ持たれつってことだね!

昔は、人間と動物と自然と神様は今よりもっと関係が深く、近かったんだなぁと思うような話。

…最後に良かった。。

恨みや悲しみ、親不孝、と来てたからね。。

感謝の気持ちを忘れないでお互い仲良くね!って気持ちになれたよ!!

…でもさ、蛇の首に似てるっていうけど。。

蛇の首ってどの辺のこというんだろう。。

そんな疑問も残しながらも最後は足湯に入って帰ってきました。

Photo

途中で雪でつるんと滑って転んだりしたからさぁ。。

靴の中にも雪入ってて冷たかったから最後駐車場の近くに足湯があるなんて、とても気がきいてるなぁ~なんて思っちゃいましたよ!

殺生石、レクリエーションっていうだけあって、いろんなものが詰まっておりまして、お腹いっぱいです!

ままこふんナイスセンス!!!

ここはまりこふんもお勧めしたいね!

さぁ~~て!

次回はいよいよ那須の古墳アドベンチャー後編!!

どんな古墳に出会えることか…!!

乞うご期待!!!!!ひょう!

 

2011年2月15日 (火)

まりこふんの古墳アドベンチャー~那須 編~(中編)

雪がすごいですねsnow

ガンガンにエアコンにホットカーペットという、またしても全くエコからかけ離れた状況でパソコンの画面に向かっているまりこふんです、またまたこんな夜中にブログ更新、こんばんは!moon3

前編では川崎古墳の石室に入れて古墳だけに大コーフンだったまりこふん!lovely

今回もファミリーアドベンチャー+助手のはにわのはっくんと共にお送りいたします、那須の古墳アドベンチャー中編!shine

(前回後編に続くって書いちゃったけど、やっぱり書ききれないから中編ね!wink

川崎古墳を後にした古墳ファミリーは次なる古墳、「那須八幡塚古墳」へと出発!cardash

来た道を少し戻り、国道を走っていると…!!

は「あ!!ありましたよ!」(※「は」…はっくん)

1_3

来ました!那須八幡塚古墳!flair

今回初の前方後方墳ですよ!!みなさん!!ひょう!heart04

那須八幡塚からはこ~んな珍しい中国産の鏡も出土されたんですよ!

2_3

(「那須の歴史と文化」より)

こんな鏡は初めて見ましたよ、まりこふん!coldsweats02

そんな那須八幡塚古墳がもうすぐ…!!

は「あ!!あれですよ!まりこふんさん!」

おお!!!おおおお!!キレイに整備されている!

四角い!!カクカクしてるじゃん?!up

さっすが前方後方墳じゃ~ん?!

竪穴式埋葬なので石室は入れないけど、登れるんじゃ??!!happy02

3_2

…しっかしこの細い道じゃ歩いていくべき…って、、、アレ?!

は「…あ、ままこふんさん、無駄な挑戦してません??」

…何故そこまでする?!gawk

4_3

は「まぁ、とにかく着きましたよ!」

6_3

うん!いいねぇ!雪の残り方もなんだか…いいねぇ~!confident

は「あ!ベンチ発見!」

7_2

は「ここでこうして恋人達が古墳を眺めながら愛を語り合うのでしょうか。。」

8_2

…そうだね、はっくん。。でも古墳はお墓。コレを忘れちゃいけないよ。。

は「…あ!!まりこふんさん!そうこう言っている間に見てください!またしてもぱぱこふんさん達、あんなとこまで!!」

9_2

…早いなぁ。。もっとじっくり浸ろうよぉ~。。down

まぁ、とりあえず周りを一周してみよう。rock

は「まりこふんさん!!これを見てください!」

あ!!ま、ま、ま、またしても?!shock

10

は「あ、でもこれは宮内庁のあの忌まわしき看板ではないようです!古墳には関係ないようですが…なんだか行きたくなっちゃいますね…」

そうなのです。

こんなふうに書いてあると、余計に立ち入ってみたくなっちゃうのです。。smile

11

ここから先に何があるか知りたいのはやまやま…だが、しかし!

古墳じゃなくても古墳の裏!

古墳めぐらーとしてのマナーはちゃんと守らないと衛星からレーザーで打たれるかもしれない!!thunder

ほら、ここにもこんな風に何かわからないけど何かあるわけだし。。

12

…よし、あの竹やぶのことは忘れて古墳に登ってみよう!!

は「あ!これはなんですか?!」

13

なんだ?!

後方部の埋葬位置らしき場所に変な石が。。

は「ふむふむ…どうやら埋葬部にあった粘土塊をあらわしているらしいですねぇ。」

親切だなぁ。。

後方部から前方部を撮ってみよう。

は「あ、ままこふんさんとぱぱこふんさん、夫婦水入らずな感じで記念撮影なんてしちゃってますねぇ。」

…あ。。

14

…よし、駒形大塚古墳に行こう!!

あの細い道をバックしてなんとか国道へと戻ったけど…

やっぱり無駄な挑戦してたんだな…ままこふん。。。。

「駒形大塚古墳」は今回の古墳アドベンチャーでもまりこふんが目をつけていた古墳のひとつです!

関東地方でも最古期の古墳のひとつといわれているからです!

少し道に迷いそうになってぱぱこふんとままこふんも少し喧嘩になりそうになっていたけども、たどり着きました!

駒形大塚公園!…ここに駒形大塚古墳があるわけです!!shine

1

そしてまたもや古墳のわきには夕日に照らされるトラクター。。

Photo

なんだかここまでくると、トラクターを見ると古墳に来たって気すらするなぁ。。

は「まりこふんさん!ここに階段が!コレで後方部頂上に行けるんですよ!きっと!」

Komagata

お!後方部から前方部への眺め。。

…前方部、おもっきし道が斜め切ってんじゃん!!

2

は「まりこふんさん!こんなものも!!」

Komagata2

すげー!!しめ縄!?こりゃ新しいから変えたばかりだね!!

は「あ…焚き火の跡??」

3

は「…あ。。」

4

やだね。。

ちゃんとゴミは持ち帰って欲しいね。。

埋葬者も悲しむよ。。

この辺をまとめて繁栄させたであろう人の墓だっていうのにね。。

とりあえずゴミは拾って前方部に降りてみよう!

は「やっぱりくっきり道になってますね。」

これは自然にみんなが同じ道を通って出来た道ですね。

古墳が角にあるからみんな近道してこの道が出来たんだね。。gawk

5

は「あ!これきっとモグラの穴ですよ!たくさんあります!」

Komagata4

いい土なんですよ、きっと。。

雪が残った駒形大塚古墳。

次に来る時はあの前方部の道がもっとはっきりしてるかもしれない。。

後方部にあったゴミをゴミ箱に捨ててちょっぴりおセンチなまりこふんであった。

6

次回はいよいよ後編!

あの水戸黄門で有名な徳川光圀が発掘調査したという上・下侍塚古墳にいよいよ乗り込みます!!!!shine

またもやビックリドッキリな古墳アドベンチャーにご期待アレ!!!!

…の前に、番外編でございます!!flair

ままこふんに無理矢理連れて行かれた那須の殺生石!thunder

ままこふんの話だと地獄の入り口のようなところだとか…shock

古墳じゃないけどコーフンしちゃうよ!!up

まったねぇ~!!

2011年2月14日 (月)

まりこふんの古墳アドベンチャー!~那須 編~(前編)

ご無沙汰しております。

奈良イベント後もいろいろありました。smile

なぜかプレイボーイの新年会に出演し、憧れの風船太郎さんと共演。lovely

読売新聞さんからの取材依頼。coldsweats01

そしてそして3月10日には奈良イベント@カルカルで共演したファンキーモンクの村上定運さんのイベントに誘われ、薬師寺東京別院に出演する事になりました。coldsweats02

…と、徐々に古墳、古墳だけに盛り上がってきてるんじゃない?!

古墳ブーム到来の予感!!heart04

古墳大使目指して今日も古墳の夢を見ます、まりこふんです!こんばんは!

さぁ~て、今夜も荒んだ毎日をお送りの皆さんに熱~くお届け!wink

shineまりこふんの古墳アドベンチャー!~那須 編~shine

「那須って古墳のイメージ全くないけど…」

…はいはい!そうですよねぇ~そう思いますよね~think

でもね、あなたの住む街の近くにだって古墳はあるんです!…(東北に行くに連れて少なくはなりますが。。)

とにかく、なにかでどこかに行くときは地名を入れてスペース古墳で検索すれば意外にも古墳情報が出てくるのですよ!!pc

今回はまりこふんの「ぱぱこふん」と「ままこふん」も一緒に…coldsweats01

そして新たなまりこふんの助手:はにわのはっくんと共に那須の古墳アドベンチャーにレッツゴ~~~!!rock

さて、まず今回なぜ「ぱぱこふん」と「ままこふん」とわざわざファミリーアドベンチャーなのかを説明。

那須の古墳巡りは、調べたところ、とても車がないと巡れないことがわかったのです。car

まりこふんは運転免許書を持っていないから、「ままこふん」に車を出してもらおうと。

そしたらそれを知った「ぱぱこふん」もなぜかついてきちゃったわけです。。despair

那須塩原駅に到着のまりこふん。

駅にはいきなりこんなものが…!!coldsweats02

Photo

昔は良くあったらしいですね、白ポスト。

あたしは初めて見ました!白ポスト。

…この中身を回収して、その先その回収物がどうなるのかが非常に気になるまりこふんではありますが、助手:はにわのはっくんに急かされいざ「なす風土記の丘資料館小川館」へ…!!

はっくん「まりこふんさん!!ここです!ここです!小川館!!」

Photo

ありました!

意外と迷いました!

中では残念なことに撮影不可!!weep

内容としては、栃木県北東部の那珂川流域にある遺跡や古墳の紹介です。

大きく分けてこんな感じ

・那須の縄文人

・巨大墳墓の時代

・古墳時代の終末と仏教文化

・都への道東山道

ここを見て思ったことは…

那須には前方後方墳がたくさ~ん!!ある!!

なかなかこんなにも前方後方墳ばかりってのも珍しいのでは?!

その中でもこの辺で唯一の前方後円墳の「川崎古墳」は横穴式石室でありまして、この博物館には川崎古墳の石室が原寸大コピーで展示されておりました!

ちょっと川崎古墳まで遠いなぁと思う人はココで石室の雰囲気を体験すればいいんじゃないかな?

…まりこふんは川崎古墳にどうしても行きたくなっちゃったからままこふん&ぱぱこふんに無理矢理行ってもらったけど!

さて、「なす風土記の丘資料館小川館」で古墳本を買い、地図を手にいれて古墳の位置関係を把握したところで、さっそく一番遠くにあった前方後円墳の「川崎古墳」へ…!

地図を頼りに車で20分くらい行った所にあった!!!!happy02

「川崎古墳」

1

こんな道を通る。

晴れたけど、まだ雪は残っています。snow

2

毎度のことではありますが、こんなところにホントに古墳が?!

あったーーー!!flair

4

あああ!!

なんかあっちの方がもっこりしてるぅ~~!!heart01

5

後円部!!

6

はっくん「着きましたねぇ、川崎古墳」

7

はっくん「…あ、すでにままこふんさんとぱぱこふんさん、先に登りきっちゃってますねぇ」

8

あ、、ホントだ。早い。。gawk

はっくん「前方部から眺めてみましょう!」

9

あぁ。。なかなかいいクビレしてるねぇ。。うん!結構キュート!heart04

はっくん「あ!まりこふんさん、見てください!ちょうど石室がある後円部に栗がたくさん落ちてますよ!!」

10

うむ。。これはびっ栗!

…って、あああああ!!!!shock

やっぱり~!!後円部頂上から石室入口の看板発見!!bearing

やべぇ~!!本物の石室に入れる…!!crying

さっき資料館にコピーがあった横穴式石室の本物が…!!

石室好きのまりこふんにはたまらないじゃないか~!!!!crying

はっくん「まりこふんさん落ち着いて、落ち着いて、、あんまり急ぐと雪で滑って転びますよ!」

11

古墳を一度降りて、後円部から回り込むとトラクターとかかしがお出迎え。。

あまり有名でない古墳の近くでは良く見る光景でございます。

12

きゃっ!!ここね!この細い道ね!親切ね!!confident

1_2

どきどき…

2_2

どきどき…heart02

3

あああああ~!!!!!shock

こ、怖いよう~!!まただよ~!

あの奈良のクサ墓古墳の時と一緒だよ~!

怖いよ~!!crying

4_2

自然と手が震えてしまうんだ…!!camera

すんごいなぁ。。。

この石運んできて一個一個積んでったんだもんなぁ。。

5_3

内部から入口の方を見るとこんな感じ

6_2

こんなに怖いのになんでこんなに石室が好きなんだぁぁぁ~!!!!!!あたしよ!!!

いやぁ、、堪能致しました。。川崎古墳。。

やっぱりすごいなぁ、、古墳。。。

一度でいいから古墳を一から作る所が見てみたいなぁ。。。。

さて、前編はここまで!

後編ではこれまたビックリな個性ある古墳たちが登場しますよ!

はっくん「わたくしも引き続き同行致します!」

冷静なはっくんがついているとまりこふんも安心!coldsweats01

乞うご期待!!heart04

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »