« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

八重洲ブックセンターで発売記念トークショー&サイン会開催します!

5/11(日)に東京八重洲ブックセンターにて2冊の本「古墳の歩き方」「まりこふんの古墳ブック」の発売記念トークショー&サイン会を開催する事となりました!

入場無料なので是非皆さまのご来場をお待ちしてます!



司会はまりこふんの名付け親で、イベントプロデューサーのテリー植田さん。

ゲストにはコジフン相方で2冊の本のイラストを担当してくれた古代を愛するイラストレーター、ヨザワマイさん、飛鳥遺跡調査・研究の第一人者としてご活躍の西光慎治さんをお迎えして、特別な時間をお届けしようと思います。



恐らくまりこふんが八重洲ブックセンターでこんな事が出来るのは最初で最後!(←キトラ風)

是非宜しくです!(詳細は下記)



『古墳の歩き方』(扶桑社)『まりこふんの古墳ブック』(山と渓谷社)刊行記念

まりこふんトークショー

日本一面白くてわかりやすい、古墳のはなしに大コーフン!



【日時】

2014年 5月11日(日)

14時00分~(開場:13時30分)

※講演会終了後、会場にて書籍をご購入いただいたお客様を対象にサイン会を実施いたします。

(お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)



【場所】

八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー



【出演者】

まりこふん(古墳シンガー/古墳にコーフン協会会長)



<司会者>

テリー植田(イベントプロデューサー)



<ゲスト>

ヨザワマイ(古代を愛するイラストレーター)

西光慎治(奈良県明日香村教育委員会文化財課主任技師)



【予約方法】

参 加 費 : 無料

参加定員 : 80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。



申込方法 : 直接、1階カウンターにてお申し込みください。

また、お電話によるお申込みも承ります。(電話番号:03-3281-8201)

※お預かりした個人情報(氏名・電話番号)は、お申込みの講演会が中止、

もしくは日時が変更になった場合のご連絡のみに使用致します。





2014年4月23日 (水)

まりこふん著「古墳の歩き方」キトラ古墳壁画展にて限定先行発売!

遂にキトラ古墳壁画展がオープンしましたね!

平日なのに初日から入場規制って、、ホント盛り上がっていて嬉しいですっ!!

キトラ古墳壁画展へ行った方は是非GWに明日香村へ行って実際の飛鳥の空気を感じて欲しい次第です!

さて、
5/2に扶桑社より発売予定のまりこふん著の古墳ガイドブック「古墳の歩き方」ですが、なんと!

本日23日から「キトラ古墳壁画展」の行われている東京国立博物館のみで限定先行発売開始します!!




キトラ展ミュージアムショップにも、博物館のミュージアムショップにもどちらにも置いてあります!

ちなみに、まりこふんの1stアルバム「古墳deコーフン!」(CD)もキトラ展ミュージアムショップで販売中です!





Amazonよりも書店よりも、早く手に入ります。
実はあたしもまだ見てないので、明日購入した方は著者より先に読めますよw


「古墳の歩き方」は¥1300(税別)

全国の古墳の中でもまりこふんの大好きなオシ墳たちを厳選して大紹介!
この本を持って古墳巡りして欲しい!との想いで、しっかりした地図や古墳に行くまでの注意点なども細かく記載しました。

イラストと漫画はコジフン相方でお馴染みのヨザワマイさん。

コラムはウルフルズのギターのウルフルケイスケさん、まりこふんの名づけ親でイベントプロデューサーのテリー植田さん、フルコトの金田あおいさん、西都原考古博物館の東憲章さんに書いていただいております。
仁徳天皇陵の攻略法から明日香村のスベらない古墳サイクリングまで、情報満載です!

是非とも宜しくお願い致しまーす!

2014年4月22日 (火)

キトラ古墳壁画展…始まる!!

本日4/22「キトラ古墳壁画展」が遂に始まります!

我々、古墳にコーフン協会もこの「キトラ古墳壁画展」の報道内覧会に招待され、大コーフンしてきました!

あいにくの雨の中、キトラ古墳壁画展の行われる上野の東京国立博物館に到着!
あまりにコーフンしていた為、早く来すぎて開館までだいぶ待つことに。(その間同行の理事長と動画を撮るなどはしゃぎまくりくっていた。)





いよいよ開館!
本館の中に入るとスタッフの皆さんがいそいそ準備しています!






開催者の方々のご挨拶があり、いよいよ中へ…!



もう大コーフン!!
かなりはしゃいでしまいました!

だって、だって、あの明日香村からこの東京にキトラ古墳が来ているのだもの…!!

私たちだけでなく、皆さん覗き込んで食い入るように壁画を見学!

※写真、たくさん撮ったけれでも、やっぱり生で見て欲しいのでここではUPしません。





報道陣の皆さんも気合い入れて撮っております!!






いつまでも居れるこの空間から仕方なく出るとミュージアムショップが!!

物凄くキトラ古墳グッズが充実しております!大コーフン!!!
まりこふんも1万円以上買ってしまった…汗






まりこふんのCDも置いてもらえてる~~~!!感動です!






さて、一度報道内覧会は終わり、少し休憩。





今度は開会式レセプション内覧会が開始…って!こ、この人の多さ!!
もう人が中に入れません…!!






報道内覧会で見学出来なかった表慶館へ!

ここが素晴らしい空間!





キトラ古墳の壁画を自分の見たいところを拡大して見られる大型タッチモニターが!!

スゴイです!これ!
物凄い細かい色の粒まで見れるのです!大コーフン!!





他にも、猿石の3Dマッピングも見れたり…!






持って自分が見たい方向を向くとそっち側が見えるシステムで石舞台古墳がどうやって造られたのかがわかったり!





更にこ…こんなお土産まで入っていた…!!
LOVE明日香村…!!!!!




本館で本物のキトラ古墳壁画を観るのももちろんだけども、より、キトラ古墳を知るためにはこっちの「表慶館」へ必ず行くことをオススメします!!

すぐさま明日香村に行きたくなるよ!!

そしてそして、今回は5分バージョンしか観れなかったけど、ミュージアムシアターで上映される「バーチャルリアリティ作品:キトラ古墳」も本日からは約40分観られるので是非観にいきましょう!

今回の「キトラ古墳壁画展」を隅から隅まで堪能したからといって、そこで終わりではありません。

明日香村でキトラ古墳のある場所に行って飛鳥の空気を感じるまでがこの「キトラ古墳壁画展」です!

このキトラ古墳壁画展を早めに観にいって、ゴールデンウィークには奈良県明日香村へ行きましょ~!


最後にちょっと宣伝!

5/2に発売の扶桑社から出す本:まりこふん著「古墳の歩き方」を今回のこのキトラ古墳壁画展のみで先行発売致します!



他では買えません!(Amazonでもね!)
いち早く読みた~い!と思ってくださる素敵な方は是非キトラ古墳のミュージアムショップで買ってね~!!

2014年4月 9日 (水)

本日4/9発売!「古墳deコーフン!」

遂にこの日が来ました…!

本日4/9はまりこふんの1stアルバム「古墳deコーフン!」の発売日です!


全8曲…もちろん全曲古墳の曲です!(埴輪の曲もあるけどね!)

全国同時発売です。
詳細はこちら↓



『古墳deコーフン!』/まりこふん      全8曲 ¥1200(税込)


<a href="http://marikofun.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/04/09/cd.jpg"><img class="image-full" alt="Cd" title="Cd" src="http://marikofun.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/04/09/cd.jpg" border="0"  /></a>


<収録曲>
1.古墳deコーフン!
2.箸墓古墳の歌~卑弥呼★ShiningStar~
3.遥かなる石舞台
4.キトラ永遠に…
5.オブサンベイベー
6.さきたまの悲劇partⅠ
7.麗しの仁徳陵
8.ハニワのブルース
    (作詞・作曲・編曲:まりこふん)

<参加アーティスト>
ウルフルケイスケ(ウルフルズ)by the courtesy of WARNER MUSIC JAPAN INC.【Gt】
イーケン【Gt】
ハヤカワテツヤ【Gt】
田ノ岡三郎【Acco】
MAI (THE REDEMPTION)【Tp】
minol(TAKESI)【Drs】
BILLY TRASH(ED WOODS)【Cho】
伊藤 壮(古墳にコーフン協会 理事長)【Cho】...

mixed&mastered:Tomohiro Yoshida
illustration&designed:ヨザワマイ


たくさんの方の協力でやっと出来たこの奇跡の1枚…!


宜しくお願いします!

2014年4月 2日 (水)

お詫びと訂正

こんばんは。
春ですね。

古墳には桜の木が多いので今の時期は古墳の見頃の時期とも言えます。


さて、この度皆様にお詫びしなくてはならない事があります。


もしかしたら既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、4/23に山と渓谷社よりまりこふんの初の本となる古墳本「まりこふんの古墳BOOK」を発売することとなりました。

Amazon等で予約開始しているのですが、そこの記載が間違えているのです。


監修が明治大学名誉教授の「大塚初重」さんのお名前になっておりますが、実際は愛知県名古屋市文化財保護室長の「桜井信寿」さんです。

あってはいけない間違いです。


これは出版社と間に入っている編集プロダクションのミスです。

私の知らない間に勝手にこんな風に記載されてしまい、正直、いつAmazonに上げられていたのかも知りませんでした。。

監修が桜井さんに決まったのはだいぶ前の話なので、本当にビックリです。

更に、Amazonに掲載されてからも時間が経っていたようで、それに出版社の誰も気がつかなかった事にもビックリです。


既に予約をしてくださっている方もいらっしゃるし、大塚さんにも、桜井さんにも、本当に大変失礼な事だと、頭にきて、どうにか対処していただけないか、と連絡をしたのですが、4月からの税の事や、年度末だったりなどで、対応が非常に遅くなってしまってます。

出版社に聞いたところ、やっと明日直るとのことです。


愛知県名古屋市文化財保護室長の桜井信寿さまには時間がない中、学術協力という立場で細かいところにまで目を通していただきました。
それもあってとても内容も濃いものに仕上がっていると思います。

それだけに今回このような間違いがあった事が非常に残念でありません。


…しかし、いくら出版社のミスとはいえ、私自身も、CDのリリースの方で頭がいっぱいになっていたので気がつくのが遅くなってしまったのには変わりありません。

予約してくださった皆さん、大塚初重さま、桜井信寿さま、
お詫びしてもしきれない程心苦しい気持ちではございますが、この度は本当に申し訳ございませんでした。













« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »